タイの特選不動産情報をお届け!AIS無料版メルマガの登録はこちらから


 

 

タイ コンド 不動産 投資 東南アジア 売買 PR003
ニュースでAISのコメントを引用いただきました!
御参考に、掲載いたします。現在、他のニュースでも取材にご協力しています。
タイの最新情報をお届けするためにご協力しています。

□ビジネスジャーナルニュース「タイ代理母依頼、真の目的は?」
http://biz-journal.jp/2014/10/post_6303.html

□ヤフーニュース
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20141012-00010002-biz_bj-nb

 

(記事本文引用)

□タイ代理母依頼、「真の目的」とは? 子供の名義を利用し、不動産を取得か

タイの首都バンコクのコンドミニアムで日本人男性が複数の代理母に、現在確認されているだけでも16人の子供を出産させたとみられる「タイ代理母出産事件」。10月3日にはタイ警察が、日本人男性の代理出産を担当したタイ人医師を「無許可でクリニックの一部を開業した疑い」で書類送検したと発表。本事件はすでに国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)も各国に捜査協力を要請していることを明かしている。そんな中、9月29日に代理母を依頼した20代の日本人男性も、近くタイを訪れ事情を説明する意向を伝えたと同国警察が発表しており、本事件の捜査の進展に注目が集まっている。

●注目を集めるタイの代理母ビジネスの実態
本事件の真相については捜査の結果が待たれるが、タイの現地では、代理母を使った出産ビジネスの実態にも世間の注目が集まっている。

本事件に限らず、そもそもタイでは外国人が現地女性に代理出産を依頼する事は多い。その目的はさまざまであり、純粋に子供を授かれない夫婦などが依頼するケースもあるし、出産した子供を海外へ養子縁組に出そうとする人身売買目的や節税対策が疑われるケースもある。

そして最近、現地の投資家の間で、特に外国人富裕層が代理母を利用して子供を多数出産させるケースには、別の目的があるのではないかと囁かれている。それは、来年のASEAN(東南アジア諸国連合)統合に向けて価格が上がっているタイの不動産を取得するためだという。

タイの不動産情報を独自に調査し、信頼度の高い特選不動産情報等を以下のサイトなどで提供しているタイの不動産情報提供サービス:AIS(Asia Investment Support)担当者は、次のように語る。

「来年度にASEAN統合を控え、タイはその中でも経済的・工業力的にも中心的な役割を果たしていることから、タイ経済力への上昇期待は大きくなっていますが、タイでは現在、外国人の不動産購入はコンドミニアム(日本でいうマンション)に限られており、外国人がタイの土地そのものを直接買うことはできません。しかし、来年度に予定されるASEAN統合に向けて、この不動産投資規制にも解除の動きがあるのです。規制が解除されれば、特に外国人に人気のエリアには海外からの巨大な資金が流れ込むことが見込まれており、不動産価格の上昇が見込まれています」(AIS担当者)

現在、タイでは外国人が土地などの不動産を直接購入するには、同国の国籍か同国法人の名義が必要になる。

「すでに高騰した株などに比べると、不動産は、探せばまだ相当に割安な物件もあるので投資家の人気は高くなっています。しかし外国人は直接土地の購入ができず、土地の購入のためにタイに法人をつくろうとしても、その株主は半分以上をタイ人にする必要があるため、完全に外国人だけで権利を確保することはできません」(同)
●不動産投資が目的か
そのような中、現地で囁かれているのが、外国人が代理母に出産させた子供の名義で不動産を購入するという手口だ。子供であれば勝手に不動産の権利を売買される可能性もほぼなく、実質上権利を外国人が有することができるという。

「あくまで一般論としてなら、そういうケースはあり得るかもしれません。業界内の噂として聞いています。外国人の投資家の方で、特に巨額の投資をされる方だと、あり得るのではないかと思います。ただ、子供の名義による不動産取得には規制があるはずですので、実際に実行可能なのかは詳細を調べなければわかりません」(同)

また、業界内では、子供に不動産等の資産を大量に持たせることで、人身売買目的であることを隠ぺいしようとするケースも存在するのではないか、ともいわれている。果たしてこうした不動産投資目的の代理母利用は、本当に行われているのであろうか。AIS担当者は語る。

「仮にこんな手口があるとすれば、あまりにも非人道的で、到底許されるべきことではないと思います。タイなど東南アジアの不動産が上昇しているのは事実ですから、もっとまともな方法で、投資をしてもらえたらと思います」

今後の動向に注目したい。
(文=編集部、協力=タイ不動産調査サービス・Asia Investment Support)