(本物件の募集は終了しました。)

(お買い得のリセール物件情報!)

タイのパタヤの南部、繁華街のウォーキング・ストリートからも徒歩圏内の便利な場所にある、高層の高級コンドミニアム”Unixx South Pattaya”


(動画はデベロッパーの公式動画です。)

物件概要については、以下の公式サイトをご覧下さい。
http://www.unixxcondo.com/2014/

旅行者向けの賃貸に非常に向いた、非常に良い立地にあるリゾート型の高層コンドミニアムです。

Unixxは現在、AISでも旅行者向けの賃貸で非常に力を入れている物件です。
Airbnbでの運用等も現状は可能ですが、Airbnbだけでの運用には大きなデメリットがあり、リスクが大きすぎます。
そこでAISでは、非常に旅行者向けの短期賃貸での運用に向いた物件であるUnixxで、AISならではのよりより運用を実現できるようにシステムを構築しつつあります。
そのように、AISでも最も運営にも注力している物件ですので、運用も安心してお任せいただけます。

現在、Unixxは既に完成し、外人名義は勿論完売しています。
完成した後のプールなどの設備が、実物でも良いことから、タイ名義も売れてきている物件です。
現在は、激安で買える未登記の新築物件でのリセールのオファーも、皆売れてしまい、既に登記されています。そのため、出物は非常に少なくなっています。

<今回の出物情報>

今回AISでご紹介するお部屋は、そんなUnixxでの超出物情報です。
このUnixxの東向きの高層階、37階、1ベッド(1リビング、1ベッド、1バス、バルコニー付き)、34.5平米、外国人名義のお部屋を、お買い得価格でのリセールで販売します!
お部屋の間取りは、以下の1D1というタイプのお部屋となります。

1d1_layout_room
1D1タイプ 部屋レイアウト
このお部屋、もともとはUnixxのデベロッパーであるレイモンランド社の幹部の関係者の方が、非常に早い時期に、安い価格で購入されていたお部屋でした。
幹部の関係者の方となると、いわゆるVIPとして、非常に早い時期に、高層階などの人気の高いお部屋を安く買えるので、そのようにして販売されたお部屋です。
そのお部屋を、もう完成してリスクもなくなり、人気も出た現在、AISだけに販売のオファーをいただけましたので、非常にお買い得な価格でAISにてリセールで販売します!

Unixxはサウスパタヤで唯一完成したオンリーワンの高層物件、周りは23m以下、8階建て以下の建物しかなく、今後も景観条例がある限り許可がおりる事もありませんので、その高層階である37階からの眺めは非常に綺麗です。
東向きのシティービュー、遠くにジョムティエンの海が見えるお部屋ですので、特に夜景が綺麗なお部屋です。
こちらのお部屋は34.5平米の1ベッドですので、旅行者向けの短期賃貸でも運用しやすいお部屋です。

このお部屋、現在の市場価格はおおよそ2.9M(290万バーツ程度)となります。
(Unixxについては、既に新規物件での外人名義は売り切れていますので、新規の分譲価格というのは設定されていません。そのため、市場価格という表現となります。)

そのお部屋をなんと!

268万バーツ!で販売します。
市場価格と比べて随分安く、オンリーワンの高層階、外人名義のお部屋をご購入いただけるチャンスです!
さらにAISでは以下の過去記事の通り、買い手の方に不動産手数料などは一切発生しません!
過去記事)他でも比べて下さい!タイで不動産を購入される際の費用

加えて、デベロッパーへの権利移転手数料の5万バーツも、売却者側が全額支払いますので、購入者側は負担がありません。
そのため総額費用で見ると、さらに非常にお得な価格で買える出物物件です!

Unixxで旅行者向け物件を購入する場合、賃料、稼働率ともに部屋の向きや階数では差は大きくなく、このようなお部屋をお得な価格で買えると、運用の際の利回りも非常に高い傾向があります。
運用も、AISでは旅行者向け賃貸に非常に力を入れていますので、Airbnbなどだけではなく、より良い形で、購入後の運用もお任せいただけます。

加えて売却した際の、売却益の期待についても大きいお部屋です。
実際にUnixxのデベロッパーのレイモンランド社はパタヤでも

約築10年となるNorthShore
http://www.northshore-pattaya.com/splash/index.php

約築5年となるNorthPoint
http://www.northpointpattaya.com/

といった実績がありますが、いずれも価格の下落などは起きていません。むしろ、やや上昇しているぐらいです。
それを考えると、Unixxはサウスパタヤの良い立地に、同エリアでオンリーワンの高層物件として作られ完成した物件ですので、このような37階の高層階ユニットを激安価格で買っておけば、キャピタルゲインも含めて十分期待できるのではないでしょうか。

現在、ご検討いただいている方には、より詳細なお部屋の写真や動画、そしてUnixxで実際に運用した場合の見込みや、実際の実績の事例等をご案内しています。

宜しければ、パタヤで不動産投資の一つとしてご検討されてはいかがでしょうか。
尚、こちらのお部屋も早期に売れるものと思います。こちらも売り切れ次第、募集終了となりますので、ご検討はお早めにいただけますようお願いします。

Unixxの現状の物件写真は、以下の通りです。

各写真は、クリックしていただくと大きなサイズになります。

unixx01
建物外観、さすがサウスパタヤ唯一の完成している高層コンドミニアムだけあり、存在感があります。

lobby02

lobby01
エントランス・ロビー

pool03

pool01
プール(6階部分)

pool05
プール(6階部分)のリラクゼーションエリアです。

pool06

pool09
プール(グランド)

pool08

pool07
プール(グラウンド)には、ジャグジーやウォータースライダー、ロッククライミング設備などがあります。

fitness02

fitness01
フィットネス(1階)、横にはサウナもあります。

mailbox
メールボックス

meetingroom03
ミーティングルーム

skygarden01
スカイガーデン(41階、ジョムティエンビュー)

skygarden04
スカイガーデン(37階、パタヤベイビュー)

Unixxは先月に正式に完成し、引き渡しが進んでいます。
2016June_transfer_progress
上記は先月の時点でのUnixxの引き渡しの進行状況です。
資料・グラフは引用したものです。
ある程度以上詳しい人にはすぐにわかる通り、グラフの作り方がおかしいですが、これはタイの事ですのでおいておくとして、総ユニット数1210、うち分譲ユニット数1207のうち、6月の時点で487ユニットの引き渡しが進んでおり、順調に引き渡しも進んでいます。

パタヤでのコンドミニアムの引き渡しと登記のされる年間ユニット数は、過去記事の通り、年間で6675ユニット(2015年度)、それと比べても、ユニックスの与えるインパクトは巨大です。
(過去記事、パタヤのコンドミニアムの供給ユニット数と、登記ユニット数の推移)
http://asiainvestmentsupport.com/%E7%8F%BE%E5%9C%B0%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E3%82%88%E3%82%82%E3%82%84%E3%81%BE%E8%A9%B1/%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%A4%E3%81%B8%E3%81%AE2015%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%81%AE%E6%96%B0%E8%A6%8F%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8/

<タイの不動産情報事情>

タイの不動産初心者の方に説明する際に、タイ特有の事情として、以下のような不動産検索サイトを見ると、リセール情報が安いものも含めてあるかのように見える事について、ご質問をいただく事がありますので、この点についても簡単に補足説明をいたします。
https://www.hipflat.co.th/en/pattaya/condo/unixx
(タイの不動産情報検索サイト、HipflatのUnixxのページ)

タイの不動産検索サイトは確かに、どのような不動産エージェントでも簡単に掲載できるため便利なツールの一つにはなってきています。
しかしながら問題点は、そもそも出されている情報が実在するのかどうかを確認も何もしておらず、更新も確認していない為に、実際には存在しないような安い価格の部屋を、いつまでも広告として掲載している点。
そして、その部屋が、外人が購入して権利を登記できる外人名義なのか、外人は登記できないタイ名義なのかなどの基本的な情報すら、書いていない点などです。
これが放置されている事を利用して、タイのエージェントなどだと、実際には存在しない部屋を広告として載せていて、客寄せのためだけに使っている場合が多いのです。

これを確認する簡単な方法の一つは、問い合わせをしてみる際に、具体的な部屋番号を確認してみる事です。
その後に、その部屋の状況を調査するように信用できる方に調査を依頼されれば、簡単に本当に存在する販売情報かどうかがわかります。
問い合わせをしても部屋番号も開示せず、やたらと内覧に来るよう要求してくる不動産屋の場合は、あまり信用されない方がいいでしょう。

一方、オーナー自身が掲載されていて、部屋番号も開示され、本当に安く買える場合もあります。
この場合は、部屋が外人名義である事や、権利更新費用をどちらがいくら払うか、購入の際の支払い条件は、他の条件が何かないかなどの諸条件の確認と、権利関係の調査は、買われる方が御自身で行っていただく事が必要ですが、そのうえで問題なく買えれば、思わぬ出物物件を買える事もあります。

ただ、流石に検索サイトに載っているような情報では、本当に良い情報なら一瞬で売れますので、なかなか無い事ではあります。
また、一般の人が上記の諸条件の調査や確認をするのはハードルが高く、間違うと、詐欺的な話にひっかかるかもしれないので、その為に経験の無い方には、とてもお勧めはできません。
実施される場合は、信用できるタイの弁護士や、せめて不動産屋などとされる方が、多少コストがかかっても、リスク回避のために良いと思います。

このような現状がある事から、AISはそもそもタイで不動産情報サービスを開始したという経緯もあります。
買われる方が、より安心して、良いお部屋を買っていただけるように尽力したいと考えて、AISでは仕事をしています。

 

(事務局追記)
プレジデントオンラインで、AISのMDが日本の国内不動産業界の一部について書いた記事を7月29日に配信いただきましたが、既にFacebookでイイネが1000を超え、前回記事もイイネが約2500と、大きな反響をいただいています。
宜しければ、ご覧いただければ幸甚です。

president online
http://president.jp/articles/-/18560

AIS事務局連絡先メールアドレス
info@asiainvestmentsupport.com


 

イイネ!をしていただければ、お得な物件情報をFacebookでお届け!AIS Facebook
https://www.facebook.com/pages/AIS-Asia-Investment-Support/916557138372783