本日、ロシアのルーブルが先月の暴落に続いて、再度下落しています。
相場推移は、以下のinvesting.comのサイトなどが見やすいので、よろしければご覧ください。
http://jp.investing.com/currencies/usd-rub-chart

ルーブルは昨年前半までは1ドルあたり36ルーブル程度で推移していましたが、原油安の影響を強く受け、さらにクリミア半島での政治的緊張感の高まりから、昨年後半よりジリジリと対ドル相場で下落。先月16日には1ドル=80ルーブル近辺まで暴落しました。

その後、ロシア中央銀行が政策金利を17%にまで引き上げ、必死の介入を実施。政策金利が17%という、日本で言う消費者金融よりも高い金利になっているんですから、どれぐらい必死かはわかりやすいと思います。
結果、一時的には持ちこたえて小康状態となり、1ドルあたり50ルーブル台に戻していたものの、年明けになっても原油安は止まらず、年明けから1ドルあたり60ルーブルあたりに再度下落していました。そして本日は、本記事執筆時点で1ドルあたり約67ルーブルにまで、再度下落しています。

当サイトでも以前から記載している通り、原油を中心とする資源価格の下落は、単にシェールガスへの対応や産油国間の調整が適切にできなかったという近視眼的な問題によるものではなく果、介入により一時的に小康状態に持ちこたえても、そう簡単に危機を脱する事が出来る状況にはありません。

一方、資産の一定割合を、タイなどの新興国の不動産投資にされる場合、タイの中でも特に海外からの投資マネーに依存するエリアほど、資源国通貨の暴落は影響が大きく、これら状況の変化を踏まえた投資判断が必要となっています。現在は、特に現金化を求めて売り急いでいる売主の案件を、調査サービスなども活用しながら上手く探され、良い物件を安く購入されるというアプローチなど、効果的なアプローチが出来るかどうかで、投資のリターンに大きな差がつく状況となってきています。
ただし、市場によっては投機マネーの減退の影響が特に大きいエリアや、危なくなる物件などもありますので、その点はご留意いただく事が必要です。

尚、現在は不動産ではなく、他の内容へ、投資の割合を増やされる方も多く見受けられます。

例えば今日のルーブルの暴落によって、ロシアは再度、大規模な介入が必要な事態となっていますが、ロシアは外貨準備の残りは既に3000億ドルを切っており、おそらく2700~2800億ドル程度ではないかとする見方が市場では広がっています。このロシアの外貨準備のうち、日本でいう公的年金の準備金と政府準備金が約1200億ドルあり、これはさすがに為替介入には使えませんから、残りは多く見積もっても1500~1600億ドルあるかどうか、という所と考えられます。このうち約400億ドルを、ロシアは金で持っていますので、ロシアが金を放出をする可能性の高まりが、市場では囁かれています。それがあれば金相場が落ちる事が想定される事から、それが起きた際に金の保有割合を高められようと準備する方などが増えてきています。

ただ、この投資には注意をする点があります。金の場合は、不動産のように家賃収入などの収益が上がるわけではありませんし、金を買っても、その保全をどうするかという問題もありますので、そう簡単に収益を上げられる投資とは言い難いのです。このあたりは、安易に金投資とする前に、冷静に検討される事が必要です。

今月はEUでもギリシャ総選挙があり、急進左派勢力が人気を集めている事から、大きな動きが起きる可能性が高まっており、この後も比較的大きい変化が起きる可能性が高い状況にあります。

現在は、各地で投資環境が大きく変化している状況にあります。ちなみに、このように資源国通貨が対ドル相場で下落し、米ドルのみが利上げ観測から上昇するという中で、わざわざ自国通貨の価値を下げて、資源国でもないのに対ドル相場で大きく下げている日本円は、特異な動きをしている事が比較すると良くわかります。日本資産の割合をどうするかを考える際に、非常に気になる動きとなっていると思います。

これら環境の変化を踏まえて、投資の全体設計の上で投資計画を立てられて、投資を実際に行われる事を、お勧めしています。
このような投資環境の変化については、取材いただく予定となりましたので、よもやま話として、こちらの一般公開サイトにも書いておきました。多少の御参考になれば幸いです。
またニュース等になり、わかりやすい記事になって報道されましたら、こちらの一般公開サイトでもご案内させていただきます。

AIS (Asia Investment Support)
info@asiainvestmentsupport.com

AIS 無料メールマガジン


 

(AIS Facebook)
https://www.facebook.com/pages/AIS-Asia-Investment-Support/916557138372783