不動産投資に直接的に関連しているわけでもないニュースですが、日本人にも影響があるかもしれないニュースですので、こちらにも掲載します。

昨日の3月20日より、タイ入国管理局が取締りを厳格化しました。
詳細は、以下のタイ大使館のウェブサイトにも掲載されています。

(在京タイ大使館ウェブサイトより)
http://www.thaiembassy.jp/rte1/index.php?option=com_content&view=article&id=1568:2015-12-30-07-44-37&catid=44:2009-08-28-06-00-49

この厳格化については以下などでも日本語ニュースとなっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160220-00000003-gnasia-asia

この厳格化によりオーバーステイの外国人などへの取締りが強化されており、パタヤなどでも外国人の多いウォーキングストリートでは一斉摘発がありました。

これまではオーバーステイで違反しても罰金となるのみでしたが、昨日からは1年以上の再入国禁止となっています。
これにより、タイではオーバーステイ外国人は大分減りそうです。

日本人については、タイへの出入国は日本人の場合はビザ無しでも観光目的であれば通常は年4回までの出入国は認められています。
これは、入出国で2回とカウントされますので、年間で2往復までとなります。
オーバーステイは勿論ですし、入国制限を超えてのタイへの滞在が無いよう、ビザ等の有無や有効期限などにお気をつけ下さい。

事務局連絡先メールアドレス
info@asiainvestmentsupport.com


 


イイネ!をしていただければ、お得な物件情報をFacebookでお届け!AIS Facebook

https://www.facebook.com/pages/AIS-Asia-Investment-Support/916557138372783