ウォーターフロントで大きな動きが起きている事を先日、予告のみ掲載しておきました。
http://asiainvestmentsupport.com/%E7%8F%BE%E5%9C%B0%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E3%82%88%E3%82%82%E3%82%84%E3%81%BE%E8%A9%B1/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%A7%E3%80%81%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E5%8B%95%E3%81%8D%E3%81%8C/

そして昨日のタイのパタヤ現地ニュース”Pattaya Today”に、WaterFrontニュースの第一報が掲載されました。
Pattaya Today “Waterfront buyers sought in legal struggle”
http://pattayatoday.net/news/news-from-around-pattaya/waterfront-buyers-sought-in-legal-struggle/
pattayatoday
Pattaya Today掲載写真を引用

内容はPattaya Today掲載の通り、WaterFrontプロジェクトのデベロッパーが破産している事を報じた上で、WaterFrontをプレビルドで買ってしまった債権者は、弁護士か、サウスパタヤのマグナカルタという法律事務所に連絡をして、裁判所の債権者リストに登録を促しています。

当たり前の事ですが、もうこんなニュースになっている時点になってから裁判で訴えても、払い込んだ資金の回収なんて出来るわけもありません。
資金がデベロッパーにあって、かつまともなデベロッパーなら、とっくに返金するなりしてきたはずです。
それもできずに破産しているわけですから、そこに資金を残しておくわけもないでしょう。
そのため、この段階になってから裁判にしても、弁護士費用すら回収できるかどうか怪しいという見込みとなります。
動きの早い人が購入者なら、もうとっくに動いて、まったく違った結果を出していた物件です。

当然ながら、これはまだ”第一報”であり、この後の動きが面白くなってきます。
ここからどうなるのか?
その動きが読めない人は、危なすぎるので、タイのの不動産を、ましてやプレビルドでなんて、買うべきではないというのがよくわかる現実です。
ここでお金だけ出していたって、そんな権利を守ってくれる人もいませんし、守ってくれる法律もありません。
よほど信頼できるデベロッパーでなければ危なすぎるのです。
また、不動産業者もできるだけ能力が高い所を選ばないといけません。

そう考えると、タイの各不動産関係者や不動産屋の力量を見る際には、見解を聞いてみると面白いニュースの一つですね。
現地では不動産屋なら誰でも知っている話ですから、どのぐらい現地の情報を知っていて、どの程度の見込みを出来ているかを見れば、能力はおのずとわかります。

20160610_154708 (1)
WaterFront(South PattayaのUnixxより)

 

AIS事務局連絡先メールアドレス
info@asiainvestmentsupport.com


 

イイネ!をしていただければ、お得な物件情報をFacebookでお届け!AIS Facebook
https://www.facebook.com/pages/AIS-Asia-Investment-Support/916557138372783