タイ コンド 不動産 投資 東南アジア 売買 視察イメージ003

2014年12月12日~13日の2日間の日程で、タイの不動産視察企画をAISにて実施いたします。
今回は、じっくりと不動産環境や投資物件の良い面、悪い面を見ていただく必要から、参加人数を絞って御案内させていただいた為、参加枠が非常に少なく、あと3名様のみの枠となってしまいました。

「他に、どんな方が来られるのですか?」というご質問を多くいただいております。AISの場合は30、40、50代の経営者の方に特に多くご利用いただいており、今回も30後半~40代、50代ぐらいの方を中心に、日本など他の国で会社経営をされていたり、資格の職業をされている方に多くご予約いただいております。そのため、今回のツアーに御参加いただくと、他の経営者や投資家の方々とのつながりも出来、費用も実費のみとお手軽で、わずか一泊二日で効率的にタイの不動産市場を視察する事ができる、面白い視察企画となっています。
ただ、残りの席枠がいよいよあと3席となってしまいました。
御参加枠が一杯になり次第、応募は締め切らせていただきますので、ご興味をお持ちいただけている方は是非、お早めにご応募をお願いいたします。

 

(2014年12月12日~13日 タイのパタヤ、シラチャーの不動産視察企画の御案内)

今回は、不動産の物件はタイの中でもリ ゾート需要が大きく、タイの現地の人にも外国人にも人気があり不動産価格が大きく上昇しつつある、タイのバンコクの空港から直接車で2時間ほどで行ける人 気のリゾート地、パタヤと、日本企業の工業団地として急速に発展し、日本人駐在員の賃貸需要が大きく高い利回りが期待できるシラチャーの、市場の状況や、 注意が必要な内容、実際の投資物件などを見てもらえるように企画しています。

実際の物件を見る事は勿論、期待できるリターンだけでなく、不動産価格が暴騰する市場における実際のリスクも、現場を見てもらいながら体験していただけるように準備しています。これは、実際に自分で調べるとなると、 相当な時間がかかる内容ですから、これを2日の企画でまとめて見る事ができ、非常に効率的な企画となる予定です。

日程としては、12月12日午前中にバンコクを出発、13日の夕方にスワンナブーン空港、もしくはバンコク市内に戻る予定です。ですので、日本など海外から参加される場合は、11日の夜までに到着いただき、13日の夜以降に帰国として航空券を手配すれば、安心して参加いただけます。
日程は以下の通りです。

<日程>

2014年12月12日(金) 午前10時 バンコクのスワンナブーン空港の指定場所に集合

午前中にパタヤへ移動

御昼食

午後は日本人駐在員の非常に多いシラチャーエリアの不動産の実情と、不動産投資物件を視察

夕方に視察は終了、夜はパタヤのホテル泊(ホテルはSiam Bayshorehotelを予定しています。)

http://www.siambayshorepattaya.com/

2014年12月13日(土) 午前中 ホテルを出発

外国人購入の多いリゾート地、パタヤの市場環境と、投資案件の視察

パタヤで昼食

午後はパタヤの不動産投資案件視察

夕方、バンク・スワンナブーン空港へ戻り

バンコク・スワンナブーン空港(夕方6時頃到着予定)

<参加費用>

今回、旅行企画は実費のみの御清算となります。御参加の方はホテルやレストランの予約の関係上、事前に事務局へ15000バーツ、もしくは5万円のいずれかを事前お振込みの上で、参加予約をお願いいたします。実際の費用はホテルが一泊約1.3万円(一部屋、スーペリア)、他はレストラン代等となりますので、残金がある場合は御返金いたします。預け金には、ホテル代(一泊分)、視察企画中の上記食事代等が含まれます。

(ホテルや交通手段等の予約手配は、旅行代理店が実施いたします。バンコクへの航空券等も手配した方が良い方は、旅行代理店が御提案いたしますので、よろしければ以下の事務局宛に御連絡ください。)

しっかりと現地を見てもらう為、人数は少数に絞って実施させていただきます。
非常に効率的に、投資環境の良い所も注意が必要な所も含めて見てもらえる企画となっていますので、ご興味あられる方は是非、御参加下さい。
参加予約を御希望の方は、以下の事務局のメールアドレスに御連絡ください。
info@asiainvestmentsupport.com

(AIS無料メルマガ)


 

(AIS Facebook)
https://www.facebook.com/pages/AIS-Asia-Investment-Support/916557138372783